Kyotani通信
小さな町の小さなお店からの便り。
商品のこと、仕事のこと、町の話、趣味のことなど徒然に綴っています。

11月も下旬ですが、いかがお過ごしでしょうか。
冬の足音が聞こえそうですが店主は聞いたことはございません。
そういった意味でお勧めは
ROSIER/ヴィジョンニットベスト
54MB

<ヴィジョン>
糸の内部に多くの空気を含ませ、軽量感と膨らみ、
ソフトな肌触りを表現するエアリースパンという
製法によって紡績された素材で、原料には暖かい
オーストラリアウールとポリエステルをブレンド
した糸を使用しています。
真冬に着るニットというよりももう少し長いレン
ジで、軽い感覚でルックに取り入れられたら、と
いうイメージで。

コロナの感染者0人が続く富山ですが
海外の状況を聞くとまだまだ安心できない感じですね。
まだまだ感染対策はしっかりと・・・ですね。
さて
今日のお勧めはROSIER/メルボルンとネーミングされたニット
21

DSC01487k
ジャケットの上に重ねて
15


これ同じものです。

DSC02201

DSC02202
どこに頭を入れるかで・・・・
<メルボルン>
ヴァージンウールとバルキーアクリルを使用したローゲージニット。
クオリティの高いウールの風合いの良さと、
バルキーアクリルの弾力と軽さが特徴です。
アシンメトリーなベストですが、どのように着るかはその人の手に
委ねられていると言っても過言ではありません。
どこから首を通すかでフォルムが変わったり、
どの服の上に(中に)着るかでまた印象が変わったりもする
自由度の高いニットアイテムです。
Tシャツの上でも、ブラウスの上でも、ジャケットやコートの上
からでも着られそうで、いや、もしかしたらもっと違うあなただ
けの着方があるのかも・・・。

寒がりの店主は早朝テニスに出かけるとき
トレーニングウェアーは上下ともに4枚重ねです。
凄く体格が良くなって・・・・
お洒落じゃないうえに動きにくくてしょうがない❕
そういった意味でお勧めは
ROSIER/キルティング×ウーレンクォーター
ノーカラージャケット&TRオーバーチェックセミワイドパンツ
24
<キルティング× ウーレンクォーター>
柔らかでパウダータッチの肌触りと軽さが特徴のキルティング素材。
クォーターニットと呼ばれる、表がローゲージ、裏がハイゲージの
ニット素材をコンビの相方に選んだ今シーズンのキルティングシリーズは、
クラシカルでハイブリッドなミックススタイルです。
<TR オーバーチェック>
速乾性や防シワ性に優れた強撚糸を使用したツイル。
糸自体に膨らみがあり、しなやかに伸縮する素材感は快適な着心地です。
大柄のオーバーチェックをベースに、小柄のチドリチェックを
部分使いしてアクセントを加えました。
クラシックでありながらデイリーウェアとしても着用できる
こだわりのワードローブです。

日中も寒さを感じるようになってきました。
11月も中旬になるのだから当たり前ですよね。
そういった意味でお勧めは
ROSIER/プレミアムウォームシリーズから
バイカラータートルネックプルオーバー
70
前後着用可❣ 
71
<プレミアムウォーム>
マイクロ抗ピルアクリルにより、肌触りの良い
ソフトな風合いを実現した素材。
吸湿発熱効果で暖かさを実感でき、いつでも身体は
さらっとした状態を保つ優秀な秋冬アイテムです。

朝晩は少し冷え込みますが日中は柔らかい日差しが・・・
やっと秋の季節感が出てきましたがすぐに冬になるのでしょうか?
そういった意味でお勧めしたいのが
ROSIER/カラーブロックストラップマフラー
ストール3
ストール2
ストール
ストール4
扱い次第でいかようにも・・・

秋はどこへ行ったのでしょう?
エアコンが暖房に切り替わりファンヒーターも稼働中です。
いきなり冬に向かうのでしょうか?
そういった意味でお勧めは
ROSIER/インターアクションニットワンピース
17
バイカラーコンフォートアイテム
17+61
<インターアクションニット>
アクリルとレーヨンのメランジ調のニットを起毛させた素材。
確かなウォーム感とイージーケアでヘビロテ間違いなしです。
<バイカラー>
2つの色を組み合わせて使っているデザインのことです。 色と色の境目を直線的に区切って色の濃淡の差を大きくしていることなどが特徴的です。 ツートンカラーと同じかと・・・・・


秋を通り越して冬になりそうな気配です。
そういった意味で
ROSIER/キルティング×ウーレンクォーター
ヴィジョンプルオーバー&フルールイヴェールフレアスカート
26+61

<キルティング× ウーレンクォーター>
柔らかでパウダータッチの肌触りと軽さが特徴のキルティング素材。
クォーターニットと呼ばれる、表がローゲージ、裏がハイゲージの
ニット素材をコンビの相方に選んだ今シーズンのキルティングシリーズは、
クラシカルでハイブリッドなミックススタイルです。
<ヴィジョン>
糸の内部に多くの空気を含ませ、軽量感と膨らみ、ソフトな肌触りを表現する
エアリースパンという製法によって紡績された素材で、原料には暖かい
オーストラリアウールとポリエステルをブレンドした糸を使用しています。
真冬に着るニットというよりももう少し長いレンジで、軽い感覚でルックに
取り入れられたら、というイメージで。
<フルールイヴェール>material : TURKEY
トルコの老舗ファブリックメーカーIPEKER 社による
シルキータッチのキュプラレーヨン。
ソフトで滑らかな肌触りはワンウォッシュして
水を通すことでよりナチュラルな風合いに仕上がっています。
コンビを組むTEN/NY ブロードストライプはその名の通り、
高密度に織り上げたリヨセル × ナイロンが柔らかさとハリ感を、
仕上げのバイオ加工が膨らみとパウダリーなタッチを、
それぞれが高いレベルで実現し融合した素材で、それらがひとつとなり
ミックスファブリックアイテムとして完成されています。
今回のトラッドなコレクションのラインナップにおいて
このフラワープリントはアクセントとなる柄モノのポジション。
手洗い可能で、残暑の続く季節から長く着用いただける素材感も魅力的です。

涼しすぎる風が吹くようになったら
ROSIER/デンスコットンツイルフーデッドコート
44ka
45
<デンスコットンツイル>
きめが細かくしなやかですっきりとした印象の高密度コットンツ
イル生地は、適度なハリとコシを兼ね備えており、厚手過ぎず薄
手過ぎずの肉感なのでシーズンレスな素材感です。
付属のインナーエコダウンベストは取り外しができるので、秋冬
はライナーとして、春にはベスト単体でも着用可能な便利な仕様
となっています。
フードも取り外しができるので、コーディネートやシーズンに応
じて変化を楽しむことができます。

10月ももう中旬・・・ちょっと早いけど
ROSIER/モヘアウールシャギー/ダウンベスト
ROSIER/リヨセルウォッシャブルジャージー×チュールハイネック
46
DSC02132
DSC00841

<モヘアウールシャギーダウン> material : ITALY
イタリアメイドのウールシャギーとナイロンシャンブレーのコンビ。
モヘアの毛質を活かしたハリ感とファーのような美しい毛足、
軽く温かいウールシャギーは、イタリア MANTECO 社による
丁寧な仕上げで別格の風合いです。
ベースに使用しているナイロンは、軽くしなやかでイタリア企画ならではの
上品な光沢感が特徴です。
シャンブレーは通気性にも優れており、ダウンの湿気を逃がす効果も
期待できます。
スポーティーなアイテムになりがちなダウンですが、光沢感のあるナイロンシャンブ
レーと高級感のあるウールシャギーという異素材コンビのコントラストで ROSIER らしい
大人のダウンアイテムに仕上がっています。
敢えて厚みを抑えたライトダウンは近年の寒すぎない冬には好都合で、気温に合わせて
レイヤードを楽しむのも良いでしょう。

<リヨセルウォッシャブルジャージー× プレミアムナイロンチュール>
プリントカットソーの相方としても登場する
再生繊維リヨセルを使用したサスティナブルなジャージー素材。
高級66 ナイロン糸を使用した繊細なタッチのチュールを
ディテールに配した、一枚でもインナーとしても着られる
カットソーです。

まだ残暑が続くようですが少しづつ深まる秋のお出かけに
ROSIER/TRオーバーチェックノーカラージャケット&
ワイドパンツorキュロットスカート
14セットアップ
ワイドパンツ
TRチェックワイドP

15
カーキグリーンはお取り寄せです。
お気軽にお問い合わせください。
<TR オーバーチェック>
速乾性や防シワ性に優れた強撚糸を使用したツイル。
糸自体に膨らみがあり、しなやかに伸縮する素材感は
快適な着心地です。
大柄のオーバーチェックをベースに、小柄のチドリチェックを
部分使いしてアクセントを加えました。
クラシックでありながらデイリーウェアとしても着用できる
こだわりのワードローブです。

「ウォーリーを探せ」ってご存知ですか?
ボーダーのTシャツを着たキャラクターを
沢山の似たキャラクターが細かく書かれた絵の中から見つけ出す・・・・
店主がネーミングから連想してしまったのが
ROSIER/ウォーリーコットンボーダープルオーバー
20
足元はメドレースニーカー
DSC00841

<ウォーリーコットンボーダー>
繊維が長くしなやかで、光沢のある超長綿を使った天竺ボーダーと、
マットでもっちりとした風合いのスムースとの
コンビネーションカットソーシリーズ。
<メドレースニーカー>
アッパーはウェットスーツのようなネオプレーンという素材で新鮮。
ホワイト× キャメルのレザーに切り替えたカカトの
カラーコンビネーションは秀逸です。
ソールのカカト部分はスポンジ(EVA )をくり抜いて、
革を積み上げた物で、靴のヒールにも使用する本格的な
仕様となっており、一見木材のように見えますが実はレザーなんです。
インソールには、世界の有名スポーツメーカーの多くが採用している
オーソライトを使用。軽量、優れたクッション性、通気性など
多くのメリットがあります。
音楽用語の、複数曲を繋げてひとつにまとめたものを指す
言葉として使用される「 Medley 」。
英語だと音楽に限らず使う事ができるそうで、
ROSIER の異素材を寄せ集めてひとつのアイテムに
落とし込むスタイルはそれに近いものを感じます。
様々な異素材同士のコントラストと調和が楽しいデザインに
仕上がったスニーカーは、どんな服とも相性が良く、
個性がありながら主張もし過ぎないので、まさに大人のための
スニーカーと言えるでしょう。

秋らしくエレガンス&カジュアル
そういった意味で
ROSIER/レガラートポンチ ノーカラージャケット
8
上はワイドパンツ下はフレアスカート
8b
カラーがニュアンスを変えますね。
<レガラートポンチ>
ウールの上質感にアクリルの発色性と膨らみ、
さらに弾力繊維のライクラを使用することで
ストレッチ性に富む快適な着心地を実現したポンチ素材。
適度な肉感とハリ感があるジャージーなので、
イージーでリラックス感がありながら構築的なフォルムをつくることができ、
アウターからインナーよりのアイテムまで適応する万能素材です。
スエードタッチのダンボールニットやリングウールなど
異素材ながら共通の特徴を持った柔らかで膨らみのある素材を
組み合わせて、立体感のあるアイテムに仕上げています。

朝晩はとても涼しいのに昼間は夏日・・・・
といっても真夏とはちょっと違う暑さですね。
そういった意味で今日のお勧めアイテムは
ROSIER/フルールイヴェールシリーズから
ブラウス&フレアスカート
28
ブラウスはTEN/NYブロードストライプとコラボ。
29

<フルールイヴェール>
material : TURKEY
トルコの老舗ファブリックメーカーIPEKER 社による
シルキータッチのキュプラレーヨン。
ソフトで滑らかな肌触りはワンウォッシュして水を通すことで
よりナチュラルな風合いに仕上がっています。
このフラワープリントは手洗い可能で、
残暑の続く季節から長く着用いただける素材です。

コンビを組むTEN/NY ブロードストライプは、
高密度に織り上げたリヨセル × ナイロンが柔らかさとハリ感を、
仕上げのバイオ加工が膨らみとパウダリーなタッチを、
それぞれが高いレベルで実現し融合した素材で、それらがひとつとなり
ミックスファブリックアイテムとして完成されています。

今日のROSIERの新着アイテムは
バルフィーニット×コットンウェザーストレッチブラウス
35FG
実は後開きです。
DSC03899
<バルフィーニット× コットンウェザーストレッチ>
バルキー糸を用いることで染色後に多くの空気を含み、
保温性に富んだ軽い編組織に仕上がった生地。
ニット素材ですが、肌側にコットンを使用しているため、
ウールのチクチクを感じにくいダブルフェイスになっています。
ベースの生地は、高い伸縮性を持つポリエステル系複合繊維を使用。
薄手でハリがあり、さらりとしたタッチの上質な素材感で、
バイオエアフロー加工によりさらにソフトで膨らみのある生地に
仕上げています。
洗えるセーターと銘打ったニット素材と、ナチュラルで優雅な
コットン素材とのコンビネーションアイテムから秋冬のコーディ
ネートを始めてみては。

秋口は何を着たらいいのか迷う日も多いです。
そういった意味で
ROSIER/コンチェルトポンチ
サイドタックドルマンプルオーバー
49
カジュアルにエレガンスを楽しむ・・・・

<コンチェルトポンチ>
落ち感のあるレーヨンと、柔らかく滑らかな肌触りのリヨセルを
配合したストレッチポンチ。
残暑の続く初秋を見越してチョイスした薄手のポンチは、夏のそ
れとは異なる秋の質感と清涼感を持っています。
リラックス感のあるアイテムながら、適度な光沢感もあり上品な
アイテムに仕上がっています。

日中の暑さと朝夕の寒暖差が大きくなってきました。
ソフトテニスの早朝練習に出かけるときは
長袖のウェアーとトレパンで出かけますが
帰りは汗みずくで帰ってきます。
そういった意味で今日のお勧めは
ROSIER/ウォーリーコットンボーダーハイネック
22
エレガンスを感じるカジュアルアイテム。

厳しい残暑が続くのかと心配したいたら
何だか秋らしい感じになってきました。
そういった意味で
今日はROSIER/TRオーバーチェックノーカラージャケット
スカートはサンプル
14
サンプルとの組み合わせでは・・・・。
ということでフルールイヴェール  フレアスカートと合わせて
14+61

<TR オーバーチェック>
速乾性や防シワ性に優れた強撚糸を使用したツイル。
糸自体に膨らみがあり、しなやかに伸縮する素材感は
快適な着心地です。
大柄のオーバーチェックをベースに、小柄のチドリチェックを
部分使いしてアクセントを加えました。
クラシックでありながらデイリーウェアとしても着用できる
こだわりのワードローブです。
<フルールイヴェール>
material : TURKEY
トルコの老舗ファブリックメーカー
IPEKER 社によるシルキータッチのキュプラレーヨン。
ソフトで滑らかな肌触りはワンウォッシュして
水を通すことでよりナチュラルな風合いに仕上がっています。
手洗い可能で、残暑の続く季節から長く着用いただける素材感も
魅力的です。

パラリンピックが始まりました。
なんであんな事ができるの?!
信じられないパフォーマンスをやってのける
選手の皆さんに口はあんぐり目は釘付け!!
凄い!というのは彼らのことですね!
そういった意味で
ROSIERのストレイタムPO&レイヤードスリットスカート
40
残暑も厳しそうですが サラッと過ごせそうな感じです.

学生服によくある修理。
転んで穴が・・・・
CIMG2364
ミシンで叩くとこれ見よがしの痕が残るので
これくらいの穴は糸だけでつぎあてします。
CIMG2365
遠目には分からない感じです。
CIMG2367
お困りの方はお気軽にご相談ください。

今日のお勧めはユルフワフィットが面白い
ROSIER/ガスボイルクールフライスフィットウエストプルオーバー
50
ポイントは柔らかく滑らかな肌触りと独特な弛みシルエット。

<ガスボイルクールフライス>
ガス焼き加工によるドライタッチのフライスジャージー。
ふくらみと滑らかさに加え、高い接触冷感性も快適な着心地を
後押しします。
ありそうでなかった上質なコットンのシンプルインナーカット
ソーです。

↑このページのトップヘ